友人に車を売るには?

友人に車を売るには?

車を売ると聞いてイメージするのは、ディーラーに下取り出す方法と、
中古車買取業者に買取してもらう方法でしょう。

 

そのほかに友人に車を売るという方法もあります。
ここでは友人に車を売る方法について考えてみましょう。

 

友人に車を売るにはどうすればよいの?

車を買い替える時など、愛車を売ることになりますが、
その時の一般的な方法と言えば下取りか買取でしょう。
しかし方法はそれだけではありません。
車を売る人の中には、友人や知人などに車を売る人もいるでしょう。
買取の場合は、買取専門業者に、下取りの場合は
ディーラーに手続きを依頼することになるので
特に難しいことはありませんが、友人に車を売るとなると、
どんな手続きをすればよいのかわからないという人も多いでしょう。

手続きとして必要なのは、車の所有者を自分名義から
友人の名義に名義変更する必要があります。

この手続きは個人で行うことができますので、手間は多少かかってしまいますが、
手数料を支払う必要がないのでお得と言えるでしょう。

 

友人に車を売る時の流れとは?!

友人に車を売る時の流れとしては、まずは車検証を用意しましょう。

車検証は自動車検査証のことであり、
車検をちゃんと行っていることを証明する書類になります。
車検の有効期限を確認しておきましょう。

 

また手続きには印鑑も必要です。

印鑑登録をしている実印が必要であり、車を売る側と買う側両方に必要です。
また印鑑登録をしているという証明書である印鑑証明書も、
友人の分と、自分の分と両方必要になりますので、
印鑑証明書は事前に市区町村の役所で発行してもらうようにしましょう。

 

他に必要な書類としては自動車保管場所証明書があります。

これは車庫証明書のことであり、車を補完する場所を証明するために必要な書類となります。
車を補完する場所を管轄している警察署へ申請して、発行してもらうようにしましょう。
この証明書は発行から1ヶ月以内のものとなるので
期間に気を付けて申請しておく必要があります。
この車庫証明は車を売る友人側が申請する書類です。

 

車を売る側は譲渡証明書を記入し、すべての書類を揃えて陸運局で手続きを行います。

この手続きには手数料が必要になりますので、
手数料納付書を陸運局に提出することになります。
友人に車を売る場合でもディーラーに下取りする場合、
中古車買取専門店に買取してもらう場合と同様、
車の売却には一定のお金がかかることをしっかりと覚えておきたいですね。